前へ
次へ

転職での営業求人は未経験者歓迎になり易い理由

転職市場において営業求人は、比較的業界未経験者・営業職そのものの未経験者が歓迎され易い傾向にあります

more

転職する時によく選ばれる営業求人

仕事探しをする時は自分に合ったもの見つける必要がありますが、その時に重要になるのは情報収集です。
どの

more

営業求人に転職する時に使えるサービス

求人情報は雑誌などを使って調べる方法がありますが、自分に合ったものを見つけられないケースが存在します

more

転職の営業求人で直販営業と代理店営業

商品を購入する顧客の側からするとその売り手が直販営業なのか代理店営業なのかわからないときもあります。
どちらにしても安く購入できたりサービスが良ければ問題ないからです。
では転職のために営業求人を探す人にとってはその会社が直販営業か代理店営業かで違いがあるかです。
どちらも商品やサービスを売り込む仕事には変わりありませんが実際に仕事をするとなると違いが出てくる可能性があります。
給料の面でも違いがあるかもしれません。
直販営業はその商品やサービスを製造したり開発したりしている会社が直接販売することを意味します。
直販営業のメリットとしては仕入れる必要がないので粗利をしっかり得られることでしょう。
さらに自社で作っている商品などになるのでサポートもしやすくなります。
ただし直販営業は基本的には他社の商品の販売をすることはありません。
一部グループ会社の異種商品を販売することはあるでしょうが、同種の商品の販売はあまりないと言えそうです。
代理店営業はメーカーなどと代理店契約を結んで商品を仕入れて販売する形態になります。
契約の時に仕入れ率などを決める通り仕入れがあるので直販に比べると利益率は小さくなります。
メーカーのグループ会社などでなければいろいろな会社と代理店契約が結べるので、同種の商品を扱う複数の会社と代理店契約を結べば様々な商品の販売ができます。
直販営業に比べると扱える商品やサービスが多くなるので、より幅広い営業活動が行えると言えるでしょう。
転職で営業求人を探す上ではその会社が直販営業に当たるのか代理店営業に当たるのかを知っておくのは大事です。
直販営業出身者ながらその会社以外の商品を扱いたいと考えるなら代理店営業に行くのがいいかも知れません。
一方代理店営業のサポート力の弱さに困らされていたなら直販営業ができる会社を選ぶのが良いでしょう。
代理店営業の会社が直販営業経験者を求めるケースがあり、うまくマッチングできれば採用されやすくなります。

中高年など年齢が高めの方も歓迎いたします

出産後も仕事を続けられる制度が整っています
産休・育休だけでなく育児時短措置もあるので、出産後も介護の仕事を続けることができます。

Wワークなどのすき間時間にも働けます

社会保険完備のため安心です

枚方 介護 求人

Page Top